リレー・フォー・ライフ(RFL)

  • 公益財団法人
    日本対がん協会
    RFL九州ブロックスタッフとして
    リレー・フォー・ライフを拡げる為の
    活動しています

    リレー・フォー・ライフ(RFL)とは

    リレー・フォー・ライフ・ジャパン福岡
    HPリニューアル!


    「生きていたら
    絶対参加したい…」
    そんな友人MOMOの
    思いを繋ぎたいと願い
    2007年『TEAM MOMO』結成
    全国のRFLに出没中
    『TEAM MOMO』HP
    ↓↓↓↓クリック↓↓↓↓

    まだまだ
    多くの方が持っている
    がんへの偏見を無くすため
    ご自身や家族が
    がんになった体験から
    早期発見を促すため
    そして
    がんという病気だけでなく
    いろいろな悩みに
    遭遇した人達の経験を
    肌で感じ
    「生きる!」
    という意味を
    もう一度考えてもらえたら・・・と私は思います

    今の自分を・・・
    これからの自分を・・・
    少しだけ変えてみませんか?
    出来ることから
    コツコツと・・・。

    どんな病気でも・・・
    健康な人でも・・・
    最終的な想いは
    1つだと思うのです
    「生きたい!」
    「元気でいたい!」
    ”命の大切さ”
    ”早期発見・予防の大切さ”
    を地域一丸となって社会に訴え
    一緒に笑うて生(行)くばい!
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 自給自足を目指して(笑) | トップページ | Relay For Life in Fukuoka 2012 第一回実行委員会 »

2011年12月15日 (木)

ちょっと早いXmasパーティー

天神けやき通りの上空○○○○メートルのマンションで行われた
秘密のパーティー・・・
参加者みんながお面をかぶり・・・
あんなことこんなことしながら・・・
おっと!
あんまり詳しくは書けないのですが・・・(笑)

これはそのマンションの窓から見えた夜景です。
とってもきれいです。。。
CIMG0924


あっ
お面かぶっていたのは一人だけでした(笑)
CIMG0918


これはっ!
今話題の「ピンクペプシ」
近所の「sunny」にありました。

ここで問題を一つ。
「サニーレタス」って皆さんご存知ですよね?
なんでそういう名前が付いたのでしょうか?

ぽくぽくぽくぽくぽくぽく@@@@@@@@@@@@@@

答えは

なんて名前を付けようか会議をしてた際に
その頃大変人気だった「日産のサニー」が通ったんだそうです。
そこで
このレタスもあのサニーの様にみんなの人気者になって欲しいという想いで
「サニーレタス」と名付けられたそうです。。。
CIMG0926


RFLオタクの方は必ず知っている熊本の「シュンさん」
ひろみんも一緒に熊本から駆けつけてくれました~。
何を切ってるの???
CIMG0940

正解は・・・「馬刺し」
見て下さい!この大量を!
明日はみんなでニンニクくさぁ~~~~~。
CIMG0942

おっと。。。ここで美女美女を紹介しましょう!
まりりん と ゆっこりん
CIMG0935

ゆうこりん と ようこりん
あ・・・後ろにいるのは タッキー(^_^;)
この秘密パーティー会場の提供して下さった方です。。。
CIMG0938

CIMG0936

CIMG0943

CIMG0939

時間が経つのも忘れてしまい
巻きの入る自己紹介も盛り上がり
皆さん期待されていた私の女体盛りびっくりも・・・
残念ながら時間切れで・・・(笑)
久しぶりに24時過ぎまで遊びました・・・
いつもは22時までには寝ているとっても良い子なので。。。(笑)

本当・・・出会いは必然的。
大切にしたいと想うし・・・
本当に大切な人は近くにいようがいまいがいつもそばにいますよね。

今facebookやツイッターが流行っていますが
「友達」って何なのか・・・思わず考えちゃいますね。。。

そして皆さんいろんな人生を歩んでいます。
そんな経験に耳を傾けみんなで考える時間ってなんだか素敵。。。
大人の時間???って感じ??? (* ̄m ̄) ププッ

ちょっぴり大人になった?私は
明日からも元気にFightしまぁ~す!

« 自給自足を目指して(笑) | トップページ | Relay For Life in Fukuoka 2012 第一回実行委員会 »