リレー・フォー・ライフ(RFL)

  • 公益財団法人
    日本対がん協会
    RFL九州ブロックスタッフとして
    リレー・フォー・ライフを拡げる為の
    活動しています

    リレー・フォー・ライフ(RFL)とは

    リレー・フォー・ライフ・ジャパン福岡
    HPリニューアル!


    「生きていたら
    絶対参加したい…」
    そんな友人MOMOの
    思いを繋ぎたいと願い
    2007年『TEAM MOMO』結成
    全国のRFLに出没中
    『TEAM MOMO』HP
    ↓↓↓↓クリック↓↓↓↓

    まだまだ
    多くの方が持っている
    がんへの偏見を無くすため
    ご自身や家族が
    がんになった体験から
    早期発見を促すため
    そして
    がんという病気だけでなく
    いろいろな悩みに
    遭遇した人達の経験を
    肌で感じ
    「生きる!」
    という意味を
    もう一度考えてもらえたら・・・と私は思います

    今の自分を・・・
    これからの自分を・・・
    少しだけ変えてみませんか?
    出来ることから
    コツコツと・・・。

    どんな病気でも・・・
    健康な人でも・・・
    最終的な想いは
    1つだと思うのです
    「生きたい!」
    「元気でいたい!」
    ”命の大切さ”
    ”早期発見・予防の大切さ”
    を地域一丸となって社会に訴え
    一緒に笑うて生(行)くばい!
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2013年5月 »

2012年9月の2件の記事

2012年9月13日 (木)

Relay For Life 2012 in Fukuoka 明日は準備の日

いよいよ・・・来たぞぉ~~~~。

1年が早いなぁ~。

自分がリレー・フォー・ライフで元気をもらい

いろんな仲間と約束し

いろんな参加者と出逢い

たくさんのボランティア

そして実行委員の人達と出逢い

本当あり得ない出来事がたくさん起こってる。。。

 

その時だけ・・・

口だけ・・・

そんなことは簡単に出来るけど

「継続」の大変さは計り知れないよ。

何度投げ出したくなるか・・・。

阪神の金本さんが昨日

「今シーズンでの引退」を発表していた。

彼が言った。

「7、8割はしんどくて、残りの2、3割が喜びや充実感だった」と。

何をするにもこれが本当なんだろうなぁ~って想った。

 

この喜びがやってくる~~~~~~。

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

 

雨?

何?それ?

聞いたことないねぇ~~~(笑)

 

みんなの気持ちが一つになってる。。。

遠くのみんなもありがとう。

IMG_1816

(ニコの描いたひまさりとビーズ手作りのブレス)

ブレスして行くからね。ありがとう

(かずからもらった手作りのプレート)

RFLカラーでめちゃめちゃ想いが伝わったよ。

(クッキー焼こうと思ったら冷蔵庫が壊れたパン屋) (* ̄m ̄) ププッ
気持ちはちゃんと届いてるよ~。

 

とにかく長丁場だけど

16日の打上終了まで・・・

笑うて生くばい!

2012年9月 6日 (木)

Relay For Life 2012 in Fukuoka

いよいよ来週!9月15日(土)11時~16日(日)11時の24時間

Relay For Life 2012 in Fukuoka が開催されます。

福岡では4回目となるリレー・フォー・ライフ。

実は・・・2012年の実行委員のむらちゃんが先日9月3日に亡くなりました。

彼女は本当にリレー・フォー・ライフを愛し

仲間を愛し

リレー・フォー・ライフに命を掛けていました。

 

彼女の想いを仲間みんなで一つにして

当日Fight!することを誓いました。

 

是非皆さん遊びに来て下さいね。

詳細は

http://rflfukuoka.dokkoisho.com/

 

389698_116353088501369_2101891419_n

↑ この写真はむらちゃんに「どうしてあなたはリレー・フォー・ライフをするのですか?」
という質問を投げかけた答えです。。。

むらちゃん・・・
ビール飲みながら応援しててね。
ご冥福をお祈りします。。。

さぁ~いろんな事を乗り越えて・・・笑うて生くばい!

« 2012年6月 | トップページ | 2013年5月 »